2013年12月29日

暮れと言えば、第九?


暮れと言えば、第九って何時から定着したのでしょうか?
そんなこと言っても恒例になってしまっているサントリーホールでのコバケンさんの指揮よる第九を聴きに行って来ました。
日フィルの素晴らしい演奏、武蔵野合唱団の大迫力の合唱!
聴く方も疲れてしまう第九ですが、何故か後からエネルギーがわいてくるのは・・・?


終わってからコバケンさんの楽屋へ、楽屋へ伺うのも毎回の事なのですが、今回は久しぶりに参加のせれぶさんといっしょに伺いました。


フランクフルトから帰って来てから久しぶりに合うせれぶさんにコバケンさんはとても喜んでいただきました。
ドイツ語もお得意のコバケンさんはせれぶさんとドイツ語でお話?
それに第九はドイツ語のフロイデンフロイデンから合唱から始まりますものね?

本当に素晴らしい第九でした♪
posted by ロコ at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383826112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。