2014年03月19日

ブリザーブドレモン

今回はブリザーブドレモンの作り方と使い方です。
材料は国産の無農薬レモンと天然塩だけです。
保存ビンを用意してください。
今回は簡単にできる方法で作ります。
レモン3個
天然塩150g

レモンは2、3時間水に浸けて置き、その後は流水で表面を良く洗う。

ぺーバーナフキンで良く水気を拭き取り、櫛形に4等分に切りさらに櫛形を横半分に切る。

ビンの底に1p位塩を敷き詰め先ずは切ったレモンを半分ほど入れる。
その上に残りの塩を半分入れる。
残りのレモンを入れたらさらに残りの塩を入れて蓋をする。

3時間位経ったら、塩の浸透圧でレモンから水分が出て塩を溶かし始める。

その後、常温で置いておき1日一回ビンを逆さまにしてレモンが塩水に浸かるようにする。


すっかりレモンが塩水に浸かったら出来上がりです。



その後冷蔵庫で保存すれば永く保存出来ます。
元々はモロッコの調味料なので、魚介やチキンには良く合います。
サラダやスパゲッティにも合います。


左から、3年物、10カ月物、今回作った物です。

簡単で美味しいので是非お作りください。
posted by ロコ at 14:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。